netkeiba.com

武豊「うますぎる栗東大使」に就任 「ふるさとですし…何か力になれれば」

2019年01月24日(木) 06:00

 野村昌弘市長(左)から委嘱状を渡された武豊

 新たな任務に身が引き締まった。日本騎手クラブ会長の武豊騎手(49)=栗東・フリー=が23日、滋賀県栗東市の競馬会館で、同クラブ関西支部代表として、野村昌弘市長(53)から広報大使「うますぎる栗東大使」の委嘱状を受け取った。

「栗東トレセンがあり、私自身、育った場所で今でも仕事の中心。ふるさとですし、何か力になれれば。関西支部全員で任務を全うし、ともに盛り上げ、発展に貢献したい」と意気込んだ。今年はトレセン開場50周年で、自身も3月に50歳になる。「慣れ親しんだ場所で、栗東中学の近くを通るときは母校を懐かしく思います。今でも付き合いのある同級生はたくさんいますしね」と思い入れは強い。

 昨年はJRA通算4000勝に加え、ジェニアルで仏G3・メシドール賞を制すなど、国内外を飛び回った。「関西馬が活躍すると栗東という名は世界にも届きますから。どんどん発信していきたい」。先週は東海Sインティで制し、33年連続JRA重賞制覇を決め、健在ぶりを示した競馬界の第一人者。レースを通じ、関西馬の前線基地である栗東の魅力を伝えていく。(デイリースポーツ・大西修平)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す