netkeiba.com

シゲルカガがイーストスタッドで種牡馬入り、パイロ産駒初の後継種牡馬に

2019年01月24日(木) 13:30

イーストスタッドで種牡馬入りするシゲルカガ(写真は2017年東京盃出走時、撮影:武田明彦)

 2015年の北海道スプリントC(JpnIII)を勝ったシゲルカガ(牡8)が、北海道浦河町のイーストスタッドで種牡馬入りしたことがわかった。2019年の種付料は受胎条件30万円、出生条件50万円と設定されている。

 シゲルカガ父パイロ母アレグレッツァその父シャンハイという血統。パイロ産駒としては本邦初の後継種牡馬となる。

 2013年8月、栗東の谷潔厩舎の管理馬としてデビュー。2015年2月の山城S(1600万下)を勝ってオープン入りするまでは芝の短距離を勝ち上がってきたが、続く同年3月の千葉S(OP)を制して以降は、ダートの短距離に主戦場を移す。そして同年6月の北海道スプリントCを制して、重賞初制覇を果たした。

 2017年5月31日にJRAの登録を抹消し、川崎の鈴木義久厩舎、次いで岩手の桜田康二厩舎に移籍。岩手では8連勝を果たす活躍を見せていたが、2018年10月15日に地方競馬の登録を抹消されていた。

 通算成績は47戦14勝(うち地方19戦9勝)。獲得賞金は1億3433万6000円。2018年9月8日の夏油賞(1着)がラストランだった。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す