【佐々木竹見カップ・第2戦】赤岡修次騎手のタニノホウザンがV 総合優勝は戸崎圭太騎手に

2019年01月29日(火) 17:35

大外が勝った赤岡修次騎手のタニノホウザン、最内が総合優勝の戸崎圭太騎手のケイティーテンリウ(撮影:高橋正和)

 29日、川崎競馬場で行われた「佐々木竹見カップ ジョッキーズグランプリ」第2戦のヴィクトリーチャレンジ(ダ1600m・14頭)は、中団で進めた赤岡修次騎手騎乗の7番人気タニノホウザン(牡5、川崎・河津裕昭厩舎)が直線で外から差し切り、最後は2着の戸崎圭太騎手騎乗のケイティーテンリウ(牡6、浦和・岡田一男厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1:45.0(良)。

 3着には岡部誠騎手騎乗のバララットゴールド(牡4、川崎・内田勝義厩舎)が3/4馬身差で入った。

 勝ったタニノホウザンは、父タイムパラドックス母セーヌパリジャンヌその父ゴールドアリュールという血統。通算成績を23戦6勝とした。

「佐々木竹見カップ ジョッキーズグランプリ」は、計2戦で4着・2着のJRA戸崎圭太騎手と、2着・4着の船橋・森泰斗騎手が同ポイントで並び、第2戦で上位の着順となったことにより戸崎騎手が優勝となった。第3位は岩手・山本聡哉騎手

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す