【海外競馬】2017年ジャパンCで5着のアイダホが引退、種牡馬に ハイランドリールの全弟

2019年03月26日(火) 16:12

ジャパンCに出走したアイダホ(ユーザー投稿写真:ぷくぷくさん)

 2017年のジャパンC(GI・芝2400m)に出走し、10番人気ながら5着と健闘したアイダホ(牡6、愛・A.オブライエン厩舎)が現役を引退し、クールモアグループが所有する障害競走向けの牧場であるアイルランドのビーチズスタッドで種牡馬となることがわかった。

 アイダホ父Galileo母Hvegerその父デインヒルという血統で、1歳上の全兄に世界を渡り歩きG1を7勝したハイランドリールがいる。重賞勝利は2018年オーモンドS(G3)、2017年ハードウィックS(G2)、2016年グレートヴォルティジュールS(G2)。ほか英ダービーで3着、愛ダービーで2着などの実績がある。GIタイトルはないものの、アイルランド・フランス・イギリス・カナダ・アメリカ・日本・ドバイと兄同様に世界各国の大レースで活躍した。通算成績は23戦4勝。

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数
非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す