ハッピーグリンが香港G1に選出、18日に現地へ向け出発

2019年05月15日(水) 16:16

香港G1挑戦のハッピーグリン 18日に現地へ出発(写真は昨年のセントポーリア賞優勝時、撮影:下野雄規)

 ホッカイドウ競馬所属のハッピーグリン(牡4、北海道・田中淳司厩舎)が、5月26日に香港のシャティン競馬場で行われる香港チャンピオンズ&チャターカップ(G1・芝2400m)に選出されたことがわかった。15日にホッカイドウ競馬のホームページで発表された。

 ハッピーグリン父ローエングリン母レディセラヴィその父アグネスタキオンという血統。昨年は中央競馬のジャパンC(14番人気7着)に出走し、NARグランプリ最優秀ターフ馬に輝くなど活躍。それ以降も中央のレースに出走し続け、前走の日経賞では4着となった。

 ホッカイドウ競馬所属馬としては、コスモバルク(2006年のシンガポール航空国際C優勝など計4度の海外遠征)に次ぐ2頭目の海外挑戦となる。今年度から地方競馬全国協会が導入した国際競走出走奨励金(最大500万円)が適用され、また、クラウドファンディングサイトにて支援が募られている。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す