netkeiba.com

石坂正師が審査請求「原因解明したい」…規制薬物検出の制裁処分に

2019年05月28日(火) 06:00

 規制薬物である消炎剤「ヒドロコルチゾン」が検出されたレッドランディーニ(牝4歳)を管理する石坂正調教師(68)=栗東=が27日、JRAに対して同馬の規制薬物の使用、および自身への制裁処分(過怠金30万円)に対して審査請求を行ったことを明らかにした。

 師は「管理馬の責任者として申し訳ないという気持ちがある一方、使途記録のない薬物が、なぜ管理馬の胎内から検出されたのか。その原因を解明したいという気持ちがある」とコメントした。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す