netkeiba.com

【鳴尾記念】メールドグラース重賞V2 またレーン!短期免許期間内最多重賞5勝!

2019年06月02日(日) 06:01

 4連勝を決めたメールドグラース(中央)=撮影・石湯恒介

 「鳴尾記念・G3」(1日、阪神)

 夏競馬の開幕を告げる重賞を制したのは、1番人気のメールドグラース。道中は後方3番手で進み、直線外から末脚をさく裂させた。破竹の4連勝で新潟大賞典に次ぐ重賞タイトルをゲット。10年の勝ち馬であるルーラーシップとの父子制覇を果たした。

 またしてもレーンが決めた。先週の目黒記念ルックトゥワイスで制した勢いそのままに、2週連続で重賞を制覇。今季5つ目のタイトルは、短期免許取得期間内での最多重賞勝利となった。「道中は手応え良く運べましたし、ペースが速かったのがこの馬には良かった。直線は気持ち早く動いたかなと思いましたが、馬が強かったです」。来日当初、まだ日本での知名度が低いなか、鞍上の名を世に知らしめた馬こそがメールドグラースだった。やや早仕掛けをした今回は相棒に感謝。最後は「残りの期間も楽しみ。頑張ります」とさらなる活躍を約束した。

 13年トウケイヘイロー以来のVに、清水久師もご満悦だ。昨春に装着したブリンカーが効果てきめん。素質が一気に開花した。「抜け出してからもしっかりと走っていた。キタサンブラックの後釜?これで重賞2連勝ですし、先々が楽しみです」。次戦は未定だが、芝の中距離路線に現れた新星から今後も目が離せない。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す