netkeiba.com

【マーメイドS】サラス鋭伸V 直線15頭ぶっこ抜き!西村師は念願の重賞初制覇

2019年06月10日(月) 06:00

 ゴール寸前で測ったように差し切ったサラス(手前)=撮影・石湯恒介

 「マーメイドS・G3」(9日、阪神)

 薄曇りの空に見守られたターフに、切れ味鋭い蹄跡を残した。直線大外に持ち出された7番人気のサラスが、ライバルを次々にパスしていく。レース史上最高馬体重の524キロ。しかし、軽ハンデ51キロ。先に抜け出していたレッドランディーニを力強く鼻差とらえ、見事15頭抜きを完結させた。

 16年リラヴァティ以来のVを決めた松若の笑顔がはじける。「後ろからこの馬のリズムで、と考えていました。前走から具合が良くなり、チャンスがあると思っていましたが、重賞を勝てて本当に良かったです」。今回が8度目のタッグ。ようやくたどりついたタイトルを、鞍上は思いを込めて振り返った。

 先行策で能力を引き出そうとしたこともあったが、末脚を生かすプランを試し、メンバー最速の上がりを記録した前走のパールS(3着)がターニングポイントになったという。開業5年目にして初の重賞制覇となった西村師は「最初は性格の難しさがありましたが、素質を感じていましたし、思い入れもありました。自分のペースで走ってしまいに脚を使う、という思っていた通りの競馬で差し切ってくれて…。いつか重賞を、と思っていたので」と感慨深げだ。

 今後についてはリフレッシュ放牧を経てから、検討されることになりそう。武器となった末脚をバーションアップさせ、秋の大舞台へと続く道をしっかりと歩んでいきたい。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す