netkeiba.com

【函館記念】マイスタイル 粘走V 田中勝貫いた!地元で節目のJRA重賞50勝

2019年07月15日(月) 06:03

 マイネルファンロン(右)の猛追を振り切るマイスタイル

 「函館記念・G3」(14日、函館)

 ベテランの手綱に導かれ、逃げたマイスタイルがゴール前で粘り腰を発揮。1番人気不振の呪縛を打ち払い、首差で重賞初タイトルをモノにした。田中勝は15年福島牝馬Sスイートサルサ)以来、4年3カ月ぶりのJRA重賞Vで通算50勝に到達。充実の人馬は、意気揚々と秋の大舞台へ歩みを進める。2着は9番人気のマイネルファンロン。3着には3番人気のステイフーリッシュが入った。

 昨年まで1番人気が12連敗。そんな逆風を、得意の粘り腰で押し返した。果敢に逃げたマイスタイルが、ファンのアツい声援に応えて重賞初制覇を決めた。

 直線、2番手から迫ったマイネルファンロンに一度はかわされたものの、すかさず内から伸び返して首差逆転。「2着馬に早く来られて普通なら苦しくなるところだけど、ブリンカーの効果で気持ちにも余裕があったので、根性で差し返してくれた」。そう振り返った田中勝は、これで節目のJRA重賞50勝に到達。意外にも函館での初タイトルとなった。

 デビュー31年目のベテランは静かに闘志を燃やしていた。生産者の猪野毛牧場(北海道新ひだか町)は、北海道出身である鞍上にとって「実家の近所で、子どものころからご飯を食べに行ったり、牧草上げも手伝っていた」という特別な場所。しかも騎乗依頼を受けた際、昆師から直々に「この馬で重賞を勝ちたい」と言われたという。奮い立たないわけがなかった。

 「前走の惨敗(巴賞9着)でジョッキーを代えようなんて思わなかった。これが自分のやり方です」とトレーナー。「このレースを狙っていましたから。勝ちに行って勝てました」と胸を張った。

 もちろん初タイトルで満足するつもりはない。「3走前(ダービー卿CT3着)に中山のスピード競馬にも対応してくれた。あれでマイルG1も考えられるようになりました。ここで結果を出せたし、準備もできた」と師は秋のプランを練った。本格化ムードのハーツクライ産駒がこの秋、一層高い頂を目指す。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す