netkeiba.com

ディープの池江元調教師もショック「まさか、こんなに早く逝くとは」

2019年07月30日(火) 14:09

ディープインパクトと池江泰郎調教師=2006年

 史上2頭目の無敗の三冠馬となったディープインパクトがけい用先の社台スタリオンステーションで死んだことが30日、分かった。

 現役時代に管理した池江泰郎元調教師も驚きを隠せなかった。「けさ、連絡を受けました。今年は20頭くらいしか種付けをせず、その後も大事にしてもらっていたと聞いたのですが…。まさか、こんなに早く逝くとは」と沈痛な様子だった。

 史上2頭目の無敗の3冠馬となり、天皇賞・春宝塚記念ジャパンC有馬記念とG1を7勝。2006年の凱旋門賞は3位入線も禁止薬物使用で失格にもなった。

「思い出はたくさんあって、何をしゃべっていいのか分からない。この馬にはいろんなものをもらった」と振り返り、「ぼくにとっては宝だったね。競走馬としても種馬としても、最高の成績を収めていた。今は冥福を祈るだけ。もう少し長生きしてほしかった」と話した。

 ディープインパクトを現役時代に担当した市川明彦厩務員(現在は千田輝彦厩舎で厩務員)も「種牡馬として日本の競馬界をリードしてくれましたし、日本の競馬を変えてくれた馬。ちょっと早過ぎますね。長生きしてほしかったです。残念です」とコメントした。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す