netkeiba.com

ディープインパクトが急死 武豊騎手、金子真人オーナー、池江泰郎元調教師、吉田勝己代表のコメント

2019年07月30日(火) 20:00

ディープインパクト、2006年有馬記念後の引退式(撮影:下野雄規)

 2005年に無敗で3冠を制し、通算でGI・7勝を挙げたディープインパクト(牡17)が30日、繋養先の社台スタリオンステーションで死亡した。28日にかねてより治療していた頸部の手術を受け、手術は無事に終了し術後の経過も安定していたが、29日の午前中に突然起立不能となり、30日の早朝にレントゲン検査を行ったところ頸椎に骨折が見つかり、回復の見込みが立たないことから安楽死の処置がとられた。

■金子真人ホールディングス株式会社 金子真人代表取締役のコメント
「無敗の三冠馬をあっさり成し遂げてくれたことにはとても感動しましたし感謝しています。最も感動したのは凱旋門賞で負けて帰国した直後にジャパンカップ有馬記念を連勝してくれたことです。

 その直後、あまり前例の無い4歳での種牡馬入り後も大成功してくれました。マカヒキワグネリアンの2頭のダービー馬も私にプレゼントしてくれました。突然の訃報に涙が止まりません。心から冥福を祈ります」

■池江泰郎元調教師のコメント
「突然のことに大変驚いています。約2年の現役生活では最高の成績を挙げてくれました。今は心よりご冥福をお祈りするのみです」

武豊騎手のコメント
「体調が良くないと聞いていたので心配していたのですが残念です。私の人生において本当に特別な馬でした。彼にはただただ感謝しかありません」

■生産者 ノーザンファーム 吉田勝己代表のコメント
「ノーザンファームの過去の生産馬の中でも間違いなく最高の競走馬でした。種牡馬としても大成功をしていただけに本当に残念です。心よりご冥福をお祈りします」

(JRAのホームページより)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す