netkeiba.com

菜七子&コパノキッキング偉業に向け順調

2019年08月09日(金) 06:00

 函館ダートで追い切ったコパノキッキング

 態勢は整った。12日のクラスターC(盛岡・ダート1200メートル)に臨むコパノキッキング(セン4歳、栗東・村山)が、函館ダートで最終追いを行った。スムーズにペースを上げ、直線は馬場の七分どころへ。ラスト1Fは12秒1と加速した。

 今回は東京スプリント2着以来、4カ月ぶりの実戦となる。放牧先でフレグモーネを発症するアクシデントこそあったが、柴田助手は「帰ってきてからは順調。落ち着きがあって、いい雰囲気です。追うごとに反応も良くなっている」と仕上がりに及第点を与えた。

 コリアスプリント・韓国G3(9月8日・ソウル)にも登録しているが、本丸はBCスプリント・米G1(11月2日・サンタアニタパーク)。今回の結果次第で針路が決まるだけに陣営も力が入る。

 手綱を取るのは、9日に22歳の誕生日を迎えた藤田菜七子。仕上げ人は「注目されるのは仕方ないですよね。それでも、ここで勝ってくれれば彼女も楽になる」と鞍上の重圧を思いやる。注目を集めたフェブラリーS(5着)からコンビ結成3戦目。今度こそ歴史的瞬間が見られるかもしれない。(デイリースポーツ・刀根善郎)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す