netkeiba.com

キングカメハメハ逝く ディープ悲報からわずか10日 偉大な名馬がまた1頭…

2019年08月11日(日) 06:10

 04年5月30日 日本ダービーを制したキングカメハメハと安藤勝己騎手

 ディープインパクトを失ったばかりの競馬界に、またも悲しい出来事が起こった。キングカメハメハが9日、繋養先の北海道安平町の社台スタリオンステーションで死んだ。18歳だった。04年NHKマイルCダービーと変則2冠を達成。引退後はディープと並ぶ大種牡馬として多くの活躍馬を輩出していた。

 またしても一時代を築いた名馬が逝った。キングカメハメハが繋養先の社台スタリオンステーションで9日の夕方頃から容体が悪化、同日午後11時頃に息を引き取った。

 昨秋から体調を崩すことが多く、持ち直しては悪くなってという状態を繰り返していたようで、同事務局の三輪圭祐氏は「手術どうこうという状況ではなかったので、可能な限りのことはやってきましたが、決定的な打開策もなく…。また持ち直してくれると信じていましたが、免疫力の低下が原因で、気候の変化など、いろいろなことに敏感になっていましたね」と話した。

 03年に京都でデビューし、04年にはNHKマイルCダービーを勝利し“変則2冠”を達成。秋に復帰初戦の神戸新聞杯を快勝後、天皇賞・秋を目指したが、屈腱炎を発症したため引退を余儀なくされた。

 その後は種牡馬となり、国内外G16勝のロードカナロアをはじめ、牝馬三冠馬アパパネダービー馬のドゥラメンテレイデオロなど数多くの名馬を輩出したが、今春に体調不良のため種付けを中止。そのまま種牡馬を引退していた。

 7月30日にこの世を去ったディープインパクトに続く、大種牡馬の死。主戦だった安藤勝己元騎手は、往年の相棒の死を受けてツイッターを更新。「キングカメハメハ。ディープが亡くなった数日後になんて嘘みたい。後継を残して種牡馬は引退しとって、ゆっくり余生を送ってほしかったんやけど。あれほど安心して跨らせてもらった馬はいない。ダービーは負ける気がしなかった。そんな強さを語り継いであげることが一番の供養。ご冥福をお祈りします」と悲痛な思いを吐露した。

 昨年122頭に種付けを行い、今春、生まれた産駒がラストクロップとなる。「大変ショックですが、素晴らしい後継馬も出してくれましたし、携わった我々もいい影響を受けました。先日、ディープインパクトも天国へ旅立ったばかり。今は…言葉が出ません」と三輪氏。多くの活躍馬、後継馬を輩出したキンカメ。その血は脈々と受け継がれていく。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す