netkeiba.com

“2大巨星”後継馬の覇権争いはキンカメかなり優勢

2019年08月11日(日) 06:01

 2004年5月30日、ハーツクライ(奥)とのたたき合いを制して日本ダービーを制したキングカメハメハ(手前)

 ディープインパクトを失ったばかりの競馬界に、またも悲しい出来事が起こった。キングカメハメハが9日、繋養先の北海道安平町の社台スタリオンステーションで死んだ。18歳だった。

 2011年から8年連続で種牡馬リーディング1、2位に君臨してきたディープインパクトキングカメハメハ。この2大巨星が立て続けにこの世を去ったことで、今後はそれぞれの後継争いに注目が集まりそうだ。

 “キンカメ一族”の筆頭格はロードカナロア。初年度に牝馬三冠を達成したアーモンドアイ、そして2年目にG1V2のサートゥルナーリアを世に出したインパクトは大きく、早くも「カナロア時代到来」を感じさせる活躍ぶりを見せている。

 また、芝、ダート、距離を問わず、多種多様な産駒を輩出するルーラーシップや、芝中距離系正統後継とみられるドゥラメンテも重宝されそうだ。

 一方、“ディープ一族”からは、まだ目立った跡取りは現れていない。今年産駒がデビューしたキズナや、今後に続く馬に期待といった現状だ。

 現役、引退後も常に比較され“2番手”に甘んじてきたキンカメだが、2世種牡馬対決では現状、かなり優勢といった状況だ。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す