netkeiba.com

【米・セクレタリアトS】重賞初挑戦ヴァリドポイントが無傷3連勝でG1制覇

2019年08月11日(日) 18:30

 現地時間10日、アメリカのアーリントンパーク競馬場でG1・セクレタリアトS(3歳・芝1600m・9頭・1着賞金29万1000ドル=約3075万円)が行われた。

 道中は後方から進んだヴァリドポイント(牡3、J.カステリャーノ騎手)が最後の直線に向いて末脚を伸ばし、さらに後方から追い込んだアイルランドからの遠征馬ヴァンベートーヴェン(牡3、L.ローダン騎手)の追撃を退け、1馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分35秒50(良)。

 ヴァンベートーヴェンから3/4馬身差の3着には、早めに先頭に立ったザラストジップ(セ3、A.ベシッツァ騎手)が入った。昨年のサマーS(加G1)覇者で1番人気のフォッグオブウォー(牡3、I.オルティスJr.騎手)は6着に敗れている。

 ヴァリドポイントは父Scat Daddy、母Goldbud、その父Buddhaという血統。アメリカのチャド・ブラウン厩舎の管理馬。今回が重賞初挑戦で、デビューから無傷3連勝でのG1制覇となった。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す