netkeiba.com

【仏・ジャックルマロワ賞】昨年の愛2000ギニー馬ローマナイズドが優勝、ディープ産駒スタディオブマンは6着

2019年08月12日(月) 11:20

 現地時間11日、フランスのドーヴィル競馬場でG1・ジャックルマロワ賞(3歳上牡牝・芝直線1600m・8頭・1着賞金57万1400ユーロ=約6756万円)が行われ、道中は中団から進んだローマナイズド(牡4、W.リー騎手)が、ゴール前でのシャーマン(牡3、M.ギュイヨン騎手)との激しい叩き合いを制し、1.3/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分35秒16(良)。

 シャーマンからハナ差の3着には、内ラチ沿いから追い込んだラインオブデューティ(牡3、J.ドイル騎手)が入った。

 1番人気のウォッチミー(牝3、P.ブドー騎手)はさらに1.1/4馬身差の4着。昨年の仏ダービー馬でディープインパクト産駒スタディオブマン(牡4、S.パスキエ騎手)は6着に敗れている。

 ローマナイズドは、父はHoly Roman Emperor(その父デインヒル)、母はRomantic Venture(その父Indian Ridge)という血統。アイルランドのK.J.コンドン厩舎の管理馬。

 前走のミンストレルS(愛G2)に続いて重賞連勝。G1は昨年の愛2000ギニー以来の勝利となった。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す