netkeiba.com

WASJで大活躍 オジサン記者も魅了した女性騎手ミシェル

2019年08月27日(火) 16:55

セクシーなドレスで、シリーズ前夜祭に参加した笑顔のミカエル・ミシェル

 モデル並の美貌に、オジサン記者たちが色めきだつのも無理はなかった。

 23日早朝の札幌競馬場。一人の女性騎手が小雨の降る薄暗い空気を一変させた。24、25日に札幌競馬場で行われた『2019ワールドオールスタージョッキーズ』に招待されたミカエル・ミシェル騎手だ。第3戦でコンビを組むスワーヴアラミスの調教に騎乗して、感触をチェック。後ろに束ねたブロンドの髪をヘルメットから揺らし、人馬一体のきれいなフォームでコースを駆け抜けていた。

 同じフランス人のクリストフ・ルメール騎手が、検量室や調整ルームなどを案内。そのあと、目下リーディング2位につけるトップジョッキーの通訳で取材が始まった。初めて日本を訪れたこともあり、到着してからの3日間は東京観光を満喫したという。「ハラジュク、シブヤ、オモテサンドウ、ギンザと行きました。一番良かったのはセンソウジ」。24歳の、かわいらしい女の子という感じだ。

 ミシェルの目に、日本の競馬はどんな風に映るのか-。「ファンが多いイメージです。インターネットで日本の競馬をよく見ています。競馬のニュースや結果も。チャンピオンホースは知っています。ディープインパクトオルフェーヴルアーモンドアイも知っています」。

 好きな日本のジョッキーは-。「ユタカ・タケ。フランスで一緒に乗ったことがあるので、良く知っています。そしてルメールさんね」。照れ笑いした“通訳係”のジョッキーは「彼女とは一緒に乗ったことはありません。彼女がデビューした時、ボクはもう日本にいたから」と補足した。

 14年に騎手デビューを果たしたが、その後は落馬負傷によって1年半も休養することになる。しかし、18年にはカーニュシュルメール競馬場の冬(1〜2月)開催で、女性騎手初の1日3勝など大躍進。女性騎手、見習い騎手として初の開催リーディングに輝いた。日本でもおなじみのスミヨンや、ブドー騎手たちを抑えてのものだから、驚きだ。

 今年の『WASJ』に選ばれた女性騎手は、今やJRAの“顔”となった藤田菜七子騎手、ニュージーランド・リーディング3回のリサ・オールプレス騎手に、ミシェルの3人。大会史上最多のことだ。

 ミシェルは藤田菜七子にも熱い視線を送る。「(総合優勝したスウェーデンの)ウィメンズジョッキーワールドCのレースや、(英国の)シャーガーCも見ました。世界中の女性ジョッキーを観察しています。ナナコは日本でも有名だし、すばらしい。乗り方もいいし、スムーズな競馬ができている」。

 先輩であるリサは憧れの存在だ。「リサも経験が多いし、自分もフランスで同じようなジョッキー人生を送りたい。他の国の女性騎手は大きなレースに乗っているが、フランスではあまりない。大きなレースに乗りたいし、自分も経験を積んで女性ジョッキーのレベルを上げたい」と力を込めた。

 フランスではいち早く、女性騎手の負担重量(17年は2キロ減、18年3月からは1・5キロ減)が見直された。この恩恵も大きかったのだろう。18年10月には60勝目を挙げて、フランス女性騎手年間勝利数記録を更新。この年は72勝を挙げ、リーディング12位という好成績を収めている。

 記者もJRA定例会見の場で、こう質問したことがある。「フランスでは女性騎手に減量の恩恵がある。JRAも見直す予定はないのか?注目され、活躍している女性騎手がいる今だからこそ、改定するべきでは…」と。今年の3月1日から、新たな負担重量制度が実施された。女性騎手は50勝以下は4キロ減、51勝〜100勝は3キロ減、騎手免許取得後、5年以上または101勝以上の騎手でも一般競走に限り、永久的に2キロ減の恩恵を受けることになった。

 ミシェルの活躍が、日本の制度改正に一役買ったと言ってもいいだろう。そんな話を彼女に振ると、「フランスではオセアニアのように、女性騎手は乗れる機会に恵まれない。1・5キロでも(騎乗の)チャンスが増える。日本でも斤量の恩恵によって女性が活躍できるようになるのなら、いいこと。日本がフランスにならってくれたのなら、とてもうれしいわ」と喜んだ。

 さて、注目された『WASJ』。初日が7番人気馬で5着、12番人気馬で4着とともに人気を上回り、優勝に望みをつないだ。そして翌日の第3戦で鮮やかに勝利した。そう、23日の朝に調教騎乗で感触を確かめた、3番人気のスワーヴアラミスだった。4角先頭から後続に2馬身差をつける完勝劇となった。この時点でポイント・トップへ。そして迎えた最終第4戦。14番人気馬に騎乗し、後方からまくる勝負手で優勝を狙う攻めた騎乗。残念ながら10着と敗れたが、存在感は十分に見せつけた。

 総合結果は3位タイ。世界のトップジョッキーたちを押しのけ、表彰台に立った。「世界で戦う他の女性たちの代表として、またフランス人の代表として、何かを残していければ。思った以上にいい経験ができました」。表彰式後には、ミシェルのサインを求める大勢のファンから「かわいい!」「きれい!」と声が飛び交った。初めて会った藤田菜七子も「とてもきれいで、本当にジョッキーなのかなと思ったぐらい。モデルじゃないのかなって」と驚いたほど。

 ただ、彼女はキュートなだけじゃない。腕も確かだ。男女が同じ舞台で争うスポーツは極めてまれ。斤量の恩恵がないシリーズ4鞍で、男性ジョッキーを相手にガチンコで張り合い、その実力を十分に示した。「この国に恋をしました」。名ゼリフを残し、日本の競馬ファンを、そしてオジサン記者も魅了した2日間だった。(デイリースポーツ・井上達也)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す