netkeiba.com

【門別遠征馬情報】秋の全国遠征チャレンジ第1弾!! 盛岡「第21回ジュニアグランプリM1」/地方競馬情報

2019年09月11日(水) 17:00

 あす12日(木)の「11回門別6日目」で、ちょうど今季80日間の7割が終了したことになるホッカイドウ競馬・門別グランシャリオナイター開催。同日メイン12Rの重賞「第5回旭岳賞H2/2000m外回り、JBC協会クリエイターII賞」は8頭立てながら、王者スーパーステションを筆頭に豪華メンバーが集まった。その詳細は、あす夕刻掲載の「門別競馬情報」でお伝えしたい。

 秋を迎え、ここからは「強い2歳馬」たちを中心に、門別所属馬の「全国の重賞・オープン特別」等への遠征チャレンジが本格化していくことになる。その第1弾が、今週末15日(日)盛岡競馬場で行われる2歳馬の芝1600m重賞「第21回ジュニアグランプリM1」だ。

 過去10年間で、ホッカイドウ門別勢が7勝しており、目下2連覇中と好成績を残している一戦。当然、門別の各陣営も目標の一つとしており、今年も10日(火)時点で以下の4頭が遠征する予定となっている(※五十音順。当初遠征予定だったビービーアルバは10日に回避が決定)。

◆シンボ(牡2・齊藤正弘厩舎、父ベーカバド 金沢・吉原寛人騎手)

◆ダリル(牡2・田中淳司厩舎、父カレンブラックヒル 服部茂史騎手)

フジノロケット(牡2・米川昇厩舎父ジャングルポケット 岩手・菅原辰徳騎手)

リュウノロジャー(牡2・國信滿厩舎、父スズカコーズウェイ 大井・笹川翼騎手)

 ご覧の通り、鞍上については各地の名手に地元コースを知り尽くしたジョッキー、そして日頃の調教から息を合わせているパートナーと陣営ごとに特色ある起用となっているが、門別からの遠征馬においてはJRA函館や札幌での「芝コース経験」がない馬たちでも優勝を重ねてきた実績があるだけに、4頭すべて「勝利を意識しての遠征」ということになるだろう。

 10日時点で、屋内調教用坂路コースでの最終追い切りを終えたのはリュウノロジャーのみだが、同馬は3F38秒0-25秒0-12秒9の時計をマーク。遠征ということで幾らか控えめな感もあるが、力を出せるデキで送り出せそうだ。

 15日(日)盛岡「第21回ジュニアグランプリM1」は同日10レース、17時10分の発走予定。ぜひ御注目いただきたい。

(文=ひだか応援隊)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す