netkeiba.com

【毎日王冠】ダノンキングリー豪脚一閃!古馬一蹴V 次走マイルCSでG1奪取だ

2019年10月07日(月) 06:00

 アエロリット(右)をかわすダノンキングリー(中央)

 「毎日王冠・G2」(6日、東京)

 豪脚一閃-。単勝1・6倍の圧倒的1番人気に支持されたダノンキングリーが、4角後方2番手から断トツの上がりで歴戦の古馬をねじ伏せた。共同通信杯以来となる、2つ目のタイトルをゲット。秋初戦を快勝し、G1戦線へ弾みをつけた。2着は2番人気のアエロリット、3着には3番人気のインディチャンプが続き、堅い決着となった。

 これが3歳世代トップクラスの底力だ-。直線だけの競馬で古馬を一蹴。ダノンキングリーの秋初戦は、春のうっぷんを晴らす上々の滑り出しとなった。

 立ち上がるようにゲートを出て、道中は最後方を追走。ざわつく場内。「馬場が良かったし、前残りの競馬が続いていたので、いい位置につけたかった」と戸崎圭。思惑とは正反対の展開。それでも「馬をリラックスさせて、馬のリズムで走らせた」と、その後の対応は冷静だった。

 前半5F通過が58秒5。アエロリットがつくり出す緩みないペースを淡々と追走し、直線は大外へ。すると、一気にエンジン全開。繰り出した上がり3Fは、メンバー断トツの33秒4。ライバルを悠々と差し切り、先頭でゴールを駆け抜けた。

 「直線は手応えがあったし、この馬のいいところ、切れ味が出た」と鞍上もご満悦。ひと夏を越しての成長に手応えを感じ取り、「今後のG1も楽しみ」と活躍を予言した。

 野田順弘オーナーは「ゾクゾク、ワクワクしましたね」と振り返り、「(母の)マイグッドネスの血統を追い掛けてきましたから。継続は力なりですね」と破顔一笑。「次が楽しみな勝ち方でした」と喜びをかみしめた。

 「強い競馬をしてくれた」と、秋初戦の好発進に安どの表情を見せた萩原師。次走はマイルCS(11月17日・京都)を予定している。春に届かなかったG1タイトル奪取へ-。機は熟した。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す