netkeiba.com

シンボリクリスエスが種牡馬引退 産駒にエピファネイア、ルヴァンスレーヴなど

2019年10月23日(水) 14:15

種牡馬を引退するシンボリクリスエス(ユーザー提供:クリア・スカイさん)

 2002年、2003年と2年連続でJRA年度代表馬に輝いたシンボリクリスエス(牡20)が、種牡馬を引退することがわかった。繋養されていた北海道のブリーダーズスタリオンステーションをすでに出発し、今後は、千葉県のシンボリ牧場で余生を送る予定とのこと。

 シンボリクリスエス父Kris S.母Tee Kayその父Gold Meridianという血統の米国産馬。現役時代は美浦の藤沢和雄厩舎に所属。

 2002年、3歳にして古馬相手の天皇賞・秋有馬記念を制覇。翌2003年も両レースを連覇し、特にラストランとなった有馬記念では2着に9馬身差の圧勝を収めた。通算成績は15戦8勝。

 種牡馬入りしてからも、エピファネイアサクセスブロッケンストロングリターンルヴァンスレーヴアルフレードと5頭のGI(JpnI)馬をはじめとする、多数の活躍馬を輩出。母の父としてもレイデオロオジュウチョウサンといった活躍馬を送り出している。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す