【スワンS】ダイアトニック重賞初制覇 スミヨン導いた!大一番へ弾み

2019年10月27日(日) 06:00

 ゴール寸前でモズアスコット(左)をとらえるダイアトニック(撮影・石湯恒介)

 「スワンS・G2」(26日、京都)

 1番人気のダイアトニックが、世界的名手スミヨンに導かれ重賞初制覇を飾った。好発から、道中は後方待機策。直線で大外を伸びると、最後はG1馬モズアスコットとの追い比べに。激しいアクションで、メンバー最速となる上がり3F33秒6の豪脚を引き出し、測ったように鼻差でVを射止めた。

 「相手が差し馬なのは研究して分かっていた。その後ろで心配したが、最後はよく伸びてくれた」と相棒をたたえた鞍上。エピファネイアの14年ジャパンC以来、約5年ぶりとなる日本での重賞Vをかみしめた。

 7年ぶりに短期免許を取得。09年にキンシャサノキセキで日本の重賞初Vを飾った思い出の一戦で、早速存在感を示した。日曜の天皇賞・秋はG1・2勝の3歳馬サートゥルナーリアで臨む。「自分の力で、馬の強いところを見せたい」。大一番へ向けて最高の形で弾みをつけた。

 これで京都5戦5勝としたダイアトニックは、マイルCS(11月17日・京都)の優先出走権も手にした。新潟で見届けた安田隆師は「今後は未定。オーナーと相談して決めたい」と話すにとどめたが、視界が広がったのは間違いない。勢いに乗った人馬が、秋の日本競馬を盛り上げていく。

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数
非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す