netkeiba.com

藤田菜七子が栗東見参 アドマイヤジャスタとのコンビで福島記念挑戦へ

2019年11月01日(金) 06:00

 アドマイヤジャスタの背で重賞Vの夢を膨らませる藤田菜七子

 目下、JRA騎乗機会7週連続勝利中の藤田菜七子騎手(22)=美浦・根本=が、次週の福島記念(10日・福島)で、アドマイヤジャスタ(牡3歳、栗東・須貝)と初コンビを組むことが正式に決まった。31日には栗東トレセンへ乗り込み、ジャスタを含めて3頭の調教に騎乗した。

 昨年のホープフルS2着馬の背にまたがると、馬場整地明けにアドマイヤアゼリ(5歳3勝クラス)とともにCW入り。2馬身追走の形で5Fから加速した。3F標まではおおむね15-15でゆったり駆けていたが、軽く促されると直線内から鋭く並びかけ、半馬身先着した。時計は5F66秒7-37秒6-12秒1。

 菜七子は「追い切りの感じはすごく良かった。楽に並びかけられましたし、まだ、やればやっただけ動きそうな手応えでした。いい感触をつかむことができました」と話した。

 先週終了した新潟競馬では9勝を挙げ、女性騎手初の開催リーディングを獲得。さらに年間でも20勝を挙げてWリーディングに輝いたばかり。福島も通算16勝をマークし、新潟(通算37勝)に次いで実績を挙げているコースだ。パートナーはG1で2着した実績馬。重賞で好結果を出すイメージを大きく膨らませた。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す