netkeiba.com

【豪・メルボルンC】ヴァウアンドディクレアが接戦を制しV メールドグラースは6着/海外競馬レース結果

2019年11月05日(火) 18:37

ゴール前は4頭が叩き合う大接戦になったが、写真一番奥のヴァウアンドディクレアが勝利した(提供:Racing Photos)

 現地時間5日、オーストラリアのフレミントン競馬場で行われた第159回メルボルンC(3歳上・G1・芝3200m・1着賞金440万豪ドル)は、3番手の内でレースを進めたC.ウィリアムズ騎手騎乗の3番人気ヴァウアンドディクレア(セ4、豪・D.オブライエン厩舎)が、ゴールまでもつれた接戦を制し優勝した。勝ちタイムは3分24秒76(重)。

 2位入線の5番人気マスターオブリアリティ(セ4、愛・J.オブライエン厩舎)は、4位入線の9番人気イルパラディーゾ(牡3、愛・A.オブライエン厩舎)の進路を妨害したとして4着に降着。

 それによって、2着は3位入線の7番人気プリンスオブアラン(セ6、英・C.フェローズ厩舎)、3着はイルパラディーゾとなった。なお、1番人気メールドグラース(牡4、栗東・清水久詞厩舎)は中団でレースを進め、直線で脚を伸ばすも6着に終わった。

 勝ったヴァウアンドディクレアは、父デクラレーションオブウォー母Geblitzt、その父テスタロッサという血統の豪州産馬。自身初のG1制覇、豪州調教馬としては3年ぶりのメルボルンC制覇を果たした。

 ※人気は日本発売のオッズを元に表記しています。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す