netkeiba.com

【メルボルンC】メールドグラース6着で連勝ストップ 折り合い欠き直線伸びきれず

2019年11月06日(水) 06:00

 「メルボルンC・豪G1」(5日、フレミントン)

 破竹の連勝が6でストップした。コーフィールドCに続くG1連勝を狙ったメールドグラースは6着。06年デルタブルース以来13年ぶりの日本調教馬Vはならなかった。道中は中団を追走。序盤は厳しいマークにあって頭を上げるシーンもあったが、何とかなだめて4角へ。直線は馬群に阻まれながら、外へ出して脚を伸ばしたものの届かなかった。

 レーンは「最後の直線では少し末脚を出してくれましたが、道中で折り合いを欠いた分、伸び切れませんでした」と振り返り、清水久師は「最後は脚色が悪かったですが、その割にあの着差なので、馬場状態も考えれば頑張ってくれたと思います」と話した。

 勝ったのはコーフィールドC2着のヴァウアンドディクレア。2位に入線したマスターオブリアリティは、他馬を妨害したとして4着に降着。3位に入線したプリンスオブアランが2着、4位入線のイルパラディーゾが3着に繰り上がった。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す