netkeiba.com

【地方競馬】高知の名牝ディアマルコが引退 グランダム・ジャパン総合優勝やNARグランプリ4歳以上最優秀牝馬などの活躍

2019年11月06日(水) 19:10

高知の名牝ディアマルコの引退が発表された(撮影:谷口浩)

 重賞9勝を含む52戦21勝を挙げた名牝・ディアマルコ(牝6、高知・那俄性哲也厩舎)が引退し、生まれ故郷である北海道日高町のクリアファーム(旧松平牧場)で繁殖牝馬として余生を過ごすことを6日、高知けいばが発表した。

 ディアマルコは2013年4月27日生まれ、父スパイキュール母エコパンその父ツルマルボーイという血統の鹿毛の牝馬。主戦騎手は佐原秀泰騎手、所属は現役生活を通じて高知・那俄性哲也厩舎だった。

 2015年7月に高知の2歳新馬戦で9馬身差圧勝のデビューを飾り、翌年の園田・のじぎく賞で重賞初制覇を果たすと、そこから重賞を3連勝。その後も実績を積み重ね、昨年は、佐賀の佐賀ヴィーナスC、園田の兵庫サマークイーン賞、名古屋の秋桜賞と地方全国交流重賞を3勝。NARグランプリ4歳以上最優秀牝馬を受賞した。また、グランダム・ジャパン古馬シーズンでの総合優勝も果たした。

 引退式は11月9日の14時50分頃から、高知競馬場のパドックにて行われる予定。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す