netkeiba.com

【門別競馬情報】いよいよ2019門別グランシャリオナイター最終夜!シーズン納めのラストレースは、2000m外回りの古馬頂上決戦!「第62回道営記念H1」/地方競馬情報

2019年11月07日(木) 18:00

道営記念制覇に挑む3連勝中のバルダッサーレ(撮影:高橋正和)

 9月12日の旭岳賞H2(2000m外回り)終了時点までは、2着オヤコダカ以下を8馬身ちぎった“絶対王者”スーパーステションの独壇場とみられていたわけだが、前哨戦の瑞穂賞H2に出走せず、その後「休養入り」となったことで一気に「混戦ムード」に変貌した今年の道営記念H1。

 向かうところ敵なし、孤高の2連覇に挑むはずだった絶対王者の不在はやはり残念ではあるものの、前哨戦・瑞穂賞H2で激しい追い比べを見せた上位3頭(バルダッサーレヒガシウィルウィンオヤコダカ)に、大井・黒潮盃SII&盛岡・ダービーグランプリM1を連覇したこの秋最大の上がり馬リンノレジェンドらが挑む形のメンバー構成となり、勝ち馬検討の「難易度」が上がったことは間違いないだろう。

 前哨戦を制したバルダッサーレは、今夏この道営記念制覇を期して門別に転入し、すべて1800mで3連勝。青写真通りに頂上決戦へと駒を進めてきた。今回は2000mに延びるが、そこは同じ2000mの大井・東京ダービーSIを7馬身ちぎって圧勝した大器。

 延長には何の不安もないだろう。陣営は未対戦だったスーパーステションを破っての戴冠を目指していたはずだが、その戦線離脱で勝利の確率が上がったことは間違いないところ。今回起用された大井・笹川翼騎手を背に、2019ホッカイドウ競馬の頂点に駆け上がってみせるか。

 もう一頭、シーズン途中で南関東から転入してきた大物が、2017年東京ダービーSI、ジャパンダートダービーJpnIを連覇し、NARグランプリで年度代表馬に輝いたヒガシウィルウィン

 一時期より調子を落とした中で船橋から転入してきたこともあり、門別復帰当初は格下相手にちょっと冴えない内容の走りが続いたものの、徐々に本来の姿に近づき前走・瑞穂賞H2は4角先頭から踏ん張るバルダッサーレを半馬身差まで追い詰めた。

 今回はより本来の姿に近づいた走りが期待されるわけだが、JRA勢を撃破したジャパンダートダービーJpnIは同じ2000m。距離延長、ロス無く運べる最内枠を利しての頂点奪取が期待される。

 瑞穂賞H2では上記2頭に後れをとったオヤコダカだが、時計の速い不良馬場ということもあって苦手な「上がりの瞬発力比べ」になってしまったのが響いた形だろう。

 復調遂げた今季は、流れが不向きだったその前走以外は5戦すべて連対を果たしており、序盤から淀みのない流れになりやすい頂上決戦なら、早めに押し上げて得意の「末脚の持久力勝負」に持ち込むことが可能だろう。

 そうした展開に持ち込めれば「悲願」と言っていい道営記念制覇に大きく近づけるはずだ。今季のリーディングジョッキーを確定させている石川倭騎手も、長年の相棒オヤコダカの悲願達成で自ら花を添えたいところだろう。

「上記3強」の高い壁に挑む急先鋒は、今秋最大の上がり馬リンノレジェンドだろう。

 3歳三冠戦線で跳ね返され続けたリンゾウチャネルが休養中に急速に力をつけ、大井・黒潮盃SII→盛岡・ダービーグランプリM1をいずれも完勝で制した「3歳秋のチャンピオン」だ。

 9年ぶり史上5頭目の三冠馬リンゾウチャネルは14日(木)園田の3歳重賞「楠賞」に回ることとなり、ここは3歳で唯一のチャレンジとなるわけだが、当然「健闘以上」の走りが期待される局面だ。

 他にも、一昨年の優勝馬で瑞穂賞でも4着に食い込んだステージインパクト、過去2年連続3着の実績馬ドラゴンエアルら伏兵陣にも警戒を怠れない組合せとなった2019ラストレース。

 発走は20時40分、全国の支持が大きく拡がった2019シーズンを振り返りながら、決戦の刻をお待ちいただきたい。

(文=ひだか応援隊)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す