netkeiba.com

エ女王杯で実況を担当! カンテレ岡安アナの“競馬実況”ウラ話

2019年11月09日(土) 18:01

エ女王杯で実況を担当する岡安譲アナウンサー(写真提供:関西テレビ)

 カンテレ×netkeibaのコラボ企画として、10日に行われる第44回エリザベス女王杯(GI)で実況を担当する岡安譲アナウンサー(関西テレビ)が、“競馬実況”のウラ話や見どころを特別寄稿! 外国人ジョッキー勢の活躍は、意外なところにも影響があって…?

エリザベス女王杯は過去何度か実況経験がありますが、私にとっては“難度の高い”レースのひとつです。

 まず『西日』。11月の15時以降の芝外回りのレースは西日が強烈で、実況者からは最後の直線が『逆光』となります。逆光になると色の判別が困難。アナウンサーは馬を“勝負服の色”で判断しているのでこれは恐怖です。なにせみんな“真っ黒”に見えるのですから…。

 そしてもう一つ難しいのが『外国人騎手』。彼らは日本人騎手とは異なったコース取りや追い方をすることが多く、それに慣れていないと面食らいます。私の場合その最たる存在がライアン・ムーア騎手。彼はこのレース、スノーフェアリーで連覇していますが、どちらのレースも驚かされました。

 1年目は直線で各馬が外に行く中ただ1頭内ラチ沿いから矢のように伸びて圧勝。私が実況で外の馬を捌いている間に、決定的な差をつけてしまったのです。これには“やられた”と思いましたね。翌年は『今年は見落とさないように』と気をつけていたものの、今度は直線で馬群に潜り込み、一瞬“消えて”からゴール直前で再び鋭伸。この年も結局満足に描写できず、ムーア騎手にやられました。

 ムーア騎手のこうした騎乗だけでなく外国人騎手は、馬の意外な一面を引き出すケースが多いので実況者としては気が抜けません。脚質をガラッと変えることも多々あるので実況者としては“予断は禁物”なのです。

 さて今回、外国人騎手(短期免許限定)はというと、マーフィー騎手がウラヌスチャームに、スミヨン騎手がラッキーライラックに騎乗します。2頭とも怖い存在ですが、特に私が注目しているのはラッキーライラック

 2歳女王が1年8ケ月もの間、勝利から見放されていますが、父・オルフェーヴルの背中を知るスミヨン騎手がラッキーライラックの“秘めたスイッチ”を押すのではないかと思っています」

(文:岡安譲)

※10日(日)は天皇陛下御即位パレード中継のため、『競馬BEAT』の放送はございません。岡安アナの実況は、レース終了後、カンテレ競馬公式Twitterなどでご覧いただけます。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す