netkeiba.com

【門別競馬情報】グランシャリオナイター開催は終了も、所属馬の全国での活躍はココから!盛岡「第46回南部駒賞M1」に6頭が遠征/地方競馬情報

2019年11月09日(土) 18:00

第62回道営記念を制したリンノレジェンド(撮影:田中哲実)

 3歳馬リンノレジェンドが重賞3連勝を決めた7日「第62回道営記念H1」を以てフィナーレを迎えたホッカイドウ競馬・門別グランシャリオナイター開催。その総発売額は1993年度(平成5年度)=約333億円に肉迫する「330億8千万円余」まで伸び、前年比はなんと「131.6%」という驚きの数字を記録した。

 バブル崩壊直後の1993年に迫る数字と書いたが、その当時は開催日数が110日間を超えていたわけで、今季「80日間」で積み上げた数字とは価値は異なるのだろう。

 一方で、現下は全国のファンの皆さんによる「ネット投票」でのシェアが最終的に85%を超えており、1993年度当時とは発売額の構成がまるっきり異なり、まさしく「時代の移り変わり」を強く感じさせる「V字回復」ということになった。

 さて、門別競馬場でのレースは幕を閉じても、所属馬たちのレースは、まだまだ終わらない。「強い2歳馬」たちを中心に、各地で行われる交流重賞やオープン特別等々への遠征が相次いで予定されているからだ。

 シーズン閉幕後の最初の遠征チャレンジは、10日(日)盛岡12Rで行われる2歳馬の地方全国交流重賞「第46回南部駒賞M1/盛岡ダ1600m、発走18時10分」となる。門別からは、内枠より順に、シンボ/スティールペガサス/ノーザンヴィグラス/カスタムオーダー/モリノブレイク/マルベルタの6頭が参戦。

 迎え撃つ地元・岩手勢は、デビューから4戦負けなしの4連勝、前走「若駒賞M2」で重賞初Vも決めたグランコージーを大将格に計5頭が出走予定だ。ただ、そのうち3頭(内枠から順にナーリー/ホンコンノワール/ダルマワンサ)はやはり門別デビュー馬。

 岩手競馬デビュー馬は上記グランコージーと、8枠10番に入ったドラゴンツリーの2頭のみ。ちなみに、このドラゴンツリーにはホッカイドウ競馬の若武者・山本咲希到ジョッキーの騎乗が予定されている。

 レースの焦点は、地元大将格の全勝馬グランコージーを相手に門別からの遠征勢がどのような走りを見せられるかだが、今回の遠征6頭はすべて、レベル高い門別での重賞、オープン競走で連対歴がある素質馬であることは強調しておきたい。タイトルホルダーこそ居ないものの「互角以上の結果」を期待できる陣容であることは間違いないだろう。

 一方、地元勢では前記グランコージーが重賞タイトルを掴み、門別デビュー馬ダルマワンサが2走前に笠松・秋風ジュニアで準重賞勝ちを決めている。

 ただ、ダルマワンサは門別でJRA認定競走は勝てないまま笠松→岩手へと移籍した馬であり、門別からの遠征馬6頭のうち4頭(内から順に、スティールペガサス/ノーザンヴィグラス/カスタムオーダー/モリノブレイク)までがJRA認定競走(オープン=「上級認定」も含む)を勝っていることからすると、一昨年ダモンデ(田中淳司厩舎)以来2年ぶり5頭目の「北海道勢V」も十分に期待できるだろう。

 この後も、12日(火)金沢シンデレラカップに、9年ぶり史上5頭目の三冠馬リンゾウチャネルが参戦予定の14日(木)園田「楠賞」などなど、注目の遠征チャレンジが続いていくことになっている。門別ナイター開催は終わっても、ホッカイドウ競馬の馬やジョッキー、厩舎関係者らを応援する機会は続きます!

 引き続き是非、御注目ください。

(文=ひだか応援隊)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す