netkeiba.com

【京阪杯】好走条件に合う穴馬に注目したい/JRAレース展望

2019年11月20日(水) 06:00

2・3走前のような好位で立ち回る競馬で好走を期待したいライトオンキュー(撮影:高橋正和)

 連続GIが終わった京都開催のオーラスを飾るスプリント重賞。サマースプリントシリーズから続いた1200m重賞路線がスプリンターズSで一段落し、それ以来初めてのスプリント重賞ということで、翌年に向けた短距離路線の出発点とも考えられるレースである。

1.先行有利

 京都芝1200mはスタート直後に上り坂があるため、他コースに比べれば前半のペースが上がりにくい傾向がある。よって狙うべきは、先行力を持ち好位で器用に立ち回れる馬。なお、過去10年の勝ち馬のうち9頭は4角5番手以内だった。

2.サンデー系の人気馬は当てにならない

 父サンデーサイレンス系の上位人気馬が凡走するケースが多い。例えば、昨年は3番人気のディープインパクト産駒アレスバローズが10着、一昨年は1番人気のダイワメジャー産駒ソルヴェイグが9着、2014年は1番人気のディープインパクト産駒レッドオーヴァルが9着となっている。

3.近年は前走重賞組の存在感が増す

 10年から14年まで5年連続で前走オープン特別以下のクラスを走っていた馬が勝利していたが、ここ4年連続で前走重賞だった馬が勝利している。また、以前は前走重賞だった馬が馬券に絡むのは1頭までという年が多かったが、ここ3年連続で前走重賞だった馬が2頭以上3着以内に入る結果となっている。


 ライトオンキューは前走キーンランドCで4着。テンで後手に回ってしまったが、最後は上位に勝るとも劣らない勢いで差し込んできた。敗れた相手はGI級のダノンスマッシュタワーオブロンドン、そして今回再戦するリナーテであり、人気薄ならば狙いは立つ。また、最終週の荒れた馬場も歓迎だろう。2・3走前のような好位で立ち回る競馬で好走を期待したい。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す