netkeiba.com

【海外競馬】21歳ドナカ・オブライエン騎手が引退、調教師の道へ ディープ産駒サクソンウォリアーなどに騎乗

2019年11月26日(火) 18:28

D.オブライエン騎手騎乗で英2000ギニーを優勝した日本産馬サクソンウォリアー(提供:Racingfotos Ltd)

 2018・19年のアイルランドのリーディング騎手であるドナカ・オブライエン騎手(21)が現役騎手としてのキャリアを終え、来年から調教師の道へ進むことがわかった。

 D.オブライエン騎手は2014年に16歳でデビュー。2016年に兄ジョセフ師の管理馬イントリケイトリーでモイグレアスタッドSを制しG1初制覇。2018年の英2000ギニー(G1)では父エイダン師の管理するディープインパクト産駒サクソンウォリアーに騎乗し勝利した。他にもG1は2018年の愛ダービーラトローブ(ジョセフ・オブライエン厩舎)で、今年の英チャンピオンSをマジカル(エイダン・オブライエン厩舎)で制すなどの実績がある。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す