netkeiba.com

【大井・勝島王冠】東京大賞典へ向けて南関東の有力馬が揃う/レースの見どころ(地方競馬)

2019年12月02日(月) 17:00

連覇を狙うモジアナフレイバー(撮影:高橋正和)

 12/4(水)に大井競馬場で行われる第11回勝島王冠。勝ち馬には暮れの東京大賞典への優先出走権が与えられる重賞で、南関東の有力馬がフルゲート16頭揃っている。主な出走馬は以下の通り。

■12/4(水) 勝島王冠(3歳上・SII・大井ダ1800m)

 ノンコノユメ(セ7、大井・荒山勝徳厩舎)は前走のマイルグランプリで差し届かず3着。やはり、鋭い末脚を活かすのに内回りコースは窮屈に感じる。外回りコースに変わり、移籍後2戦の好走をエスコートした真島大輔騎手の手綱に戻るここで改めて期待したい。

 グレンツェント(牡6、大井・藤田輝信厩舎)は移籍初戦のマイルグランプリで2着。敗れはしたが、これを機に長い不調のトンネルを抜けるきっかけは掴めただろう。条件変わりは問題なさそうで、移籍2戦目の走りも注目だ。

 モジアナフレイバー(牡4、大井・福永敏厩舎)は前走マイルCS南部杯で4着。最後の一伸びを欠いたが、外々を回りながらのコーナーでの動きは中央の一線級にも劣らないものだった。58kgの斤量を克服し連覇達成なるか。

 バルダッサーレ(牡6、大井・中道啓二厩舎)は門別で4戦3勝の成績を残し、大井に戻ってきた。5着に敗れた前走の道営記念は終始掛かり気味であり、また3勝は全て1800mだったことから、今回の距離短縮はプラスだろう。巻き返しに期待したい。

 他にも、7着した帝王賞以来となるサウンドトゥルー(セ9、船橋・佐藤裕太厩舎)、ダートで巻き返しを期すリコーワルサー(牡4、大井・荒山勝徳厩舎)、富士見オープンで復活の勝利を果たしたハセノパイロ(牡4、船橋・佐藤賢二厩舎)、移籍2戦目の中原オープンを快勝したドリームドルチェ(牡7、浦和・小久保智厩舎)らも上位争いを狙う。

 発走は20時10分。

■調教追い切り動画


■陣営インタビュー





関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す