netkeiba.com

五輪対策で来夏北海道シリーズ日程変更へ JCの外国馬参戦ゼロには改善策も

2019年12月10日(火) 06:00

 JRA関西定例記者会見が9日、大阪市内で行われ、20年度の開催日割および重賞競走などの変更について発表された。

 来年8月6日から9日まで、東京オリンピックのマラソン・競歩が札幌で行われることになったため、夏の北海道シリーズは第1回札幌競馬(6月13〜28日、開催6日間)→第1・2回函館競馬(7月4日〜8月9日、開催12日間)→第2回札幌競馬(8月15日〜9月6日、開催8日間)で行われる。木村一人競走担当理事は「円滑にオリンピック開催に協力し、万全の態勢で実施するという観点から変更することになりました」と説明した。なお、これにより函館スプリントSは札幌、クイーンSエルムSは函館で開催される。

 また、創設以来初の外国馬参戦がゼロとなったジャパンCについて、横田貞夫国際担当理事は「輸入検疫制度を変更し、これまでのような競馬学校の輸入検疫を経ずに、東京競馬場の国際厩舎へ直接入厩できるように検討している。早急に取り組みたい」と改善策を発表した。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す