netkeiba.com

サンタアニタ競馬場の冬春開催が順延に

2019年12月23日(月) 11:25

 12月26日(木曜日)にスタートする予定だったカリフォルニア州サンタアニタ競馬場の冬春開催が、順延されることになった。

 週の前半から中盤にかけて、激しい雨が断続的に降るとの予報がカリフォルニア南部に出ているためで、主催者は開幕を予定より2日遅れの28日(土曜日)とすることを決めたのだ。26日に予定されていた3歳馬のG1マリブS(d7F),3歳牝馬のG1ラブレアS(d7F)を含む4重賞は、いずれも28日に組み直される一方、もともと28日に組まれていたG1アメリカンオークス(芝10F)ら2重賞も予定通り行われるため、28日は3つのG1を含む6重賞が行われるという、豪華なカードとなった。

 クリスマス明けの26日の開催は、サンタアニタにとって年間スケジュールの中でも目玉の開催で、昨年も4万人以上の観客を動員し、2000万ドル以上の馬券売り上げを記録している。これを失うことは興行的に大きな痛手だが、その一方で、サンタアニタでは昨年の冬春開催以降、レース中や調教中の事故で37頭もの現役馬が命を落とし、州競馬委員会から安全面の見直しを通達されたばかりである。荒天で開催を強行し、万が一にも事故が起きては、競馬の存続そのものが危うくなりかねない状況だけに、早めに手を打たざるを得なかった模様だ。

(文:合田直弘)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す