netkeiba.com

落馬負傷の三浦皇成騎手、復帰は「3月頃を目指し」 ギプス固定で治療

2020年01月07日(火) 13:40

三浦皇成

 5日の中山第7レースで落馬負傷した三浦皇成騎手が7日、現状報告のコメントを発表した。

 三浦は「このたびは、応援いただいているファンの皆様をはじめ、関係者の方々にご心配をおかけしました」と謝罪し「怪我の診断は左橈骨・尺骨遠位端骨折、左手月状骨骨折、左側胸部打撲でしたが、幸い骨のズレなどもなく、ギプス固定で治療します。この休養期間で、以前の落馬事故の際、骨盤と恥骨を固定するために入れた、ボルトとプレートを抜く手術も予定しています」と故障の詳細、治療法なども報告した。

 復帰については「3月頃を目指してリハビリに励み」としており、ともに落馬した大塚海渡騎手も頭部外傷、脳挫傷の疑いがもたれていることに「負傷した大塚騎手には一日も早い回復を願っています。大変な事故となってしまいましたが、起きてしまったことは受け止め、前を向いて頑張りますので、引き続き応援のほどよろしくお願い致します」とコメントした。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す