netkeiba.com

菜七子が今年初Vで見習い騎手卒業

2020年01月11日(土) 13:02

中山6Rを制し、口取り写真に納まるエンドーツダと藤田菜七子

 区切りの勝利だ。11日の中山6Rを2番人気のエンドーツダで制し、藤田菜七子騎手(22)=美浦・根本=が今年初Vを決めるとともに、見習い騎手卒業となる101勝(JRA91勝、JRA所属馬での地方交流レース10勝)を記録した。

 2番枠からまずまずのスタートを決めると、好位3番手をがっちり確保し、道中は折り合いに専念。抜群の手応えで4コーナーを迎えると、直線で一気に後続を引き離し、2馬身半差で快勝した。

 この勝利により減量が適用される平地レースでは、これまでの3キロ減(51勝以上の見習い騎手1キロ減+女性騎手限定2キロ減)から女性騎手限定の2キロ減のみとなる。なお、出走表の表記は▲から女性騎手減量制度によって新たに誕生した◇に変更される。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す