netkeiba.com

【フェアリーS】スマイルカナが重賞初V「神のお告げ」最内枠生かした

2020年01月14日(火) 06:05

 1着のスマイルカナとガッツポーズする柴田大

 「フェアリーS・G3」(13日、中山)

 先手を奪った3番人気のスマイルカナが、スピードが落ちることなく、そのまま押し切り、重賞初制覇を果たした。2着には7番人気のチェーンオブラブ、3着に5番人気のポレンティアが入り、1番人気のアヌラーダプラは6着に終わった。

 迷わず自分の型を貫いた。好スタートから最初の1Fも行かないうちに2馬身近くリードを奪うと、道中は後続に1馬身差をつけながら軽快に飛ばす。直線の坂を上がっても脚色は衰えず、さらに後続を引き離し、2馬身半差をつける完勝劇で、重賞初制覇を飾った。

 柴田大は「馬の力を信じて乗って良かったです」と満面の笑みで振り返った。通算成績を4戦3勝とした相棒に「身体能力が高く、気持ちが前向き」と評価しながらも「テンションが高くなりがちなので、そこをどう抑えていくかですね」と、今後に向けて課題を挙げた。

 高橋祥師にとってのJRA重賞制覇は、03年根岸Sサウスヴィグラス以来17年ぶりで10勝目。「1枠って聞いた瞬間、神のお告げかと思った」と、逃げ馬にはおあつらえ向きの枠を手にして期待も大きかった。装鞍所で落ち着いていたことから柴田大とは「逃げても大丈夫じゃないか」と話していたが、思い描いた通りのレース運びで、最高の結果を出した。「前走も良かったが、今回はさらに良かったからね」と目を細めた。

 タイトルホルダーとして桜花賞(4月12日・阪神)へ堂々と向かう。近親に海外G1・2勝のエイシンヒカリがいる逸材。3カ月後の大舞台でも、持ち味を存分に発揮するだけだ。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す