netkeiba.com

一口クラブ・ニューワールドレーシングが名称変更 ダートレースをメインに

2020年02月10日(月) 12:10

ネオザスティングの2018

 一口クラブの「ニューワールドレーシング」が10日、組織名称や経営方針を一新することが明らかになった。2017年、ハナズゴール(14年オールエイジドS・豪GI)のオーナーとしても知られるマイケル・タバート氏が浦河を中心とした日高地方活性化をコンセプトに設立したクラブ法人で、運営に関する費用請求なし(入会費、月会費、年会費など)や細かな情報提供などを売りにしてきた。

 今回のリニューアルではクラブ法人「京都ホースレーシング」(代表:マイケル・タバート氏)、愛馬会法人「京都サラブレッドクラブ」(代表:山上和良氏)と名称を変更。クラブの目指す方向も従来の日本ダービー桜花賞といったクラシックからダートレースをメインに変更。「馬の価格はなるべく抑え、採算を重視します。また、ダートレースで出走回数を増やし、楽しんでいただければと思います」と新たにクラブに携わることになった山上氏は話す。

 リニューアルに伴い、京都ホースレーシングでは大々的なキャンペーンを実施。第1段としてネオザスティングの2018(牡、父リヤンドファミユ)500 口の募集価格を無料とし、出資者を募る。山上氏は 「リヤンドファミユを支援してくださった方と共に応援したいと思います」とコメント。今後も複数頭の無料馬を用意し、既存会員、新規会員問わず複数口を出資できるキャンペーンを予定している。

 組織改編に伴い、従来無料であった月会費が必要になるが、ポイント付与により実質最大半額となり、貯まったポイントは出資時に利用可能である。

 詳しくはニューワールドレーシング公式HP(外部リンク)の「ニュース」より。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す