netkeiba.com

【海外競馬】アグネスゴールド産駒マイスキーボニータがブラジルでG1制覇/エンリケポッソーロ大賞

2020年02月11日(火) 14:25

 現地時間9日、ブラジルのガベア競馬場でG1・エンリケポッソーロ大賞(3歳牝・芝1600m・14頭立て)が行われた。

 道中は後方から進んだ1番人気のマイスキーボニータ(牝3、H.フェルナンデス騎手)が直線で馬群を割って末脚を伸ばし、逃げ粘る11番人気タンガニカ(牝3、B.ケイロス騎手)をゴール寸前でとらえ、アタマ差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分34秒56(重)。

 マイスキーボニータは、父は日本産馬のアグネスゴールド母Feia Que Doiその父Scat Daddyという血統。ブラジルのL.エステベス厩舎の管理馬。昨年のローシャファリア大賞(伯G2)、マリアノプロコーピオ大賞(伯G3)に続く重賞3連勝で、通算成績は7戦4勝。

 アグネスゴールド父サンデーサイレンス母エリザベスローズその父ノーザンテースト。兄弟にも重賞勝ち馬のフサイチゼノンリミットレスビッドがいる血統。

 現役時代は2001年のスプリングS(GII)、きさらぎ賞(GIII)を制覇。種牡馬入りした後は日本、アメリカを経てブラジルへと渡り、ブラジルG1勝ち馬を複数頭輩出している。

※馬齢表記は南半球の表記に準ずる。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す