【次走】デアリングタクトは桜花賞直行、鞍上は松山弘平騎手 エルフィンSを4馬身差圧勝のエピファネイア産駒

2020年02月19日(水) 18:52

エルフィンSを圧勝のデアリングタクト

 8日に京都競馬場で行われたエルフィンS(3歳・牝・リステッド・芝1600m)を勝利したデアリングタクト(牝3、栗東・杉山晴紀厩舎)は、4月12日に阪神競馬場で行われる桜花賞(3歳・牝・GI・芝1600m)に直行する。鞍上は松山弘平騎手。所属するノルマンディーオーナーズクラブがホームページで発表した。

 デアリングタクトは父エピファネイア母デアリングバードその父キングカメハメハという血統。エルフィンSでは直線で大外から一気に突き抜け、昨年11月の新馬戦に続くデビュー2連勝を飾った。

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数
非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す