【京都牝馬S】サウンドキアラが重賞連勝 “絶好調男”松山導いた「成長している」

2020年02月23日(日) 06:03

 馬場の外めから突き抜けたサウンドキアラ(左)=撮影・石湯恒介

 「京都牝馬S・G3」(22日、京都)

 得意の舞台で人馬が躍動した。充実一途をたどるサウンドキアラが1番人気に応え、京都金杯に続く重賞連勝。道中は中団で脚をため、直線で一気にエンジンが点火。力強い伸び脚でライバルをねじ伏せた。

 全6勝を京都で挙げるパートナーに、松山は「相性がいいということもあるけど、馬自身も成長しているのを感じました」とたたえた。

 レース前に降った大雨もなんのその。「重馬場もこなせると思っていたので、あまり気にしていなかった。最終週だし、ある程度外も伸びるなと思っていた」と冷静にエスコート。これで今年早くも重賞4勝となり、いずれも京都で手にした絶好調男が、きっちり結果に結びつけた。

 見守った安達師も「うまく乗っていただけたと思います」と心強い手綱に感服した。

 春の目標はヴィクトリアM(5月17日・東京)で「今の充実ぶりなら走ってもいい」と師は顔をほころばせる。格上挑戦だった昨年(7着)は、15番人気だった大舞台。ひと回りもふた回りも成長した今年は、主役としてマイル女王の座を狙う。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す