【中山記念】インディチャンプ豪快走!香港再進撃へ巻き返す 福永「雰囲気いい」

2020年02月27日(木) 06:05

 楽々先着を決めたインディチャンプ(手前)=撮影・佐藤厚

 「中山記念・G2」(3月1日、中山)

 同一重賞3連覇に向け26日、ウインブライトが美浦Wで最終リハを行った。馬の行く気に任せたものだったが、しっかりとしたフットワークで出走態勢は文句なし。今後に控える海外遠征にも弾みをつけたいところだ。インディチャンプダノンキングリーも馬なりで好仕上がりをアピールした。

 さらなる進化を予感させる走りだ。インディチャンプは栗東坂路で福永を背に、楽な手応えで4F51秒5-37秒2-12秒2の好時計。ジョニーズララバイ(4歳1勝クラス)を並ぶ間もなく馬なりでかわし去り、豪快に2馬身半先着した。2週連続で感触を確かめた鞍上は「順調に調教できているし、雰囲気もいい。タイム、動きともに良かった」と満足げだった。

 称賛の言葉は続く。「19年の秋に良くなって、そのまま来ています。心と体がリンクしているから、精神的にもゆとりがある」と福永が褒めれば、生野助手も「精神面も少しずつ大人になってきているのかな」と納得の表情。携わる誰もが成長度合いを感じ取っている。

 初の海外遠征となった19年末の香港マイルは7着。仕上げ人は「隣のゲートボーイに反応して、ゲートで出遅れたのが全て」と敗因を説明。決して悲観する内容ではなかった。この春、再び香港の舞台を目指すマイル王。ここで巻き返して大一番へ弾みをつける。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す