netkeiba.com

【サウジC】日本勢完敗…世界トップの壁厚く 2頭とも発馬の後手痛恨

2020年03月02日(月) 06:00

 スミヨンのステッキに応え、必死に前を追うクリソベリル

 「サウジC」(29日、キングアブドゥルアジーズ)

 29日にサウジアラビアで行われた新設の国際交流諸競走。1着賞金が約11億円というメインのサウジCに挑戦したクリソベリル(牡4歳、栗東・音無)とゴールドドリーム(牡7歳、栗東・平田)は、世界の分厚い壁に阻まれ、7、6着に終わった。一方、サンバサウジダービーCに臨んだフルフラット(牡3歳、栗東・森)は見事にVを射止め、海外初勝利を飾った。

 米国トップホースの牙城は想像以上に高かった。日本から参戦したゴールドドリームクリソベリルは6、7着に終わった。

 2頭とも発馬の後手が痛恨。最内枠のゴールドドリームは、前をカットされ後方からの競馬に。ルメールは腹をくくって脚をため、直線は優勝候補の一角ベンバトルに果敢に追い比べを挑んだ。

 結果は6着も陣営は納得の表情だ。ルメールは「残念ながら最後の150メートルで脚が上がっちゃったけど、すごくいい競馬ができた。米国馬は本当に強い。でも、ドバイには出てこないかも。だからドバイワールドCはもっといい結果が出せると思う」と前向きだ。平田師も「ドバイに向けていい経験になった。ほぼ世界最強のそろった中での6着。価値がある」と胸を張った。

 一方、終始中団の外めを走らされたクリソベリルは、なし崩しに脚を使わされ、ラストで伸びあぐねた。音無師は「装鞍所、下見所から、非常によく見えた。気合が乗っていいかと思ったけど、テンションが急に上がって…。ジョッキーは首を横に向けたときに開いたと言っていた。道中、寄られてぶつけちゃったのもあったね」と悔しそうだ。

 馬体重が20キロ減り、調整も難しかった初の海外遠征。ただ、次走のドバイに関しては、輸送のリスクがグンと軽くなる。師は「ジョッキーも、走るのは分かりましたと言ってくれた。ドバイで巻き返したい」と意気込む。無敗の進撃は止まったが、このまま終わらせる気など毛頭ない。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す