netkeiba.com

デビュー2年目団野が重賞初騎乗で魅せる

2020年03月13日(金) 06:00

 順調に勝ち星を重ねる団野

 自厩舎のリュヌルージュ中山牝馬Sに挑む団野大成騎手(19)=栗東・斉藤崇=が、デビュー2年目にして重賞初騎乗を果たす。「素直にうれしいです。先生と理解してくださった馬主さんに、感謝の気持ちしかないですね」と目を輝かせた。

 11日には栗東CWでの最終追いに騎乗し、「動きましたし、状態は悪くないです」と好感触をつかんだ。

 中山はデビュー後は初めてになるが、競馬学校での模擬レースで経験済み。「3コーナーの感じが難しいですが、馬はスタートは出ますし、競馬が上手。いいレースをしたいです」。格上挑戦とはいえ、ハンデ50キロならチャンスは十分だ。

 デビュー1年目はJRA通算26勝。今年は年間50勝と重賞Vを目標に掲げ、8日終了時で全国リーディング15位の12勝と順調に勝ち星を重ねる。それでも、「取りこぼしが多いです。同期も結果を出しているし、騎乗馬の質からもっと勝てると思います」と決して満足はしていない。

 昨年、最多勝利新人騎手賞に輝いた斎藤や、土日で重賞に乗る岩田望ら同期とも刺激し合い、さらなる高みを目指していく。(デイリースポーツ・大西修平)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す