netkeiba.com

藤田菜七子 1カ月ぶり調教騎乗再開「違和感なかった」左鎖骨骨折から復活

2020年03月14日(土) 09:02

調教騎乗を再開した藤田菜七子(撮影・村上英明)

 約1カ月ぶりに菜七子が馬に乗った-。2月15日の小倉5Rで落馬し、左鎖骨骨折のため休養していた藤田菜七子騎手(22)=美浦・根本康広厩舎所属=が14日、美浦トレセンで調教騎乗を再開した。

 午前4時。馬場開門と同時に厳しく冷え込んだ暗闇の中、自厩舎のアースドラゴン(4歳障害未勝利)にまたがり、元気いっぱいに馬場へ飛び出して行った。角馬場からダートのAコースを1周。キャンターで軽く流し、久しぶりの感覚を体に染みこませた。引き上げてきた菜七子は「ほんのちょっと緊張したけど、大丈夫でした。(骨折した鎖骨の)違和感もなかったです」と感想をもらした。

 ジョッキーとなって初めて経験した大きなケガ。「多くの人に迷惑をかけてしまった。1日でも早く馬に乗りたい」の一心で、手術した翌日から始まった厳しいリハビリに耐えてきた。この日は1頭のみだったが、日曜は自厩舎の馬3、4頭に騎乗する予定だ。

 JRA通算100勝まであと3勝。「ケガする前と(状態は)変わりません。万全の状態で(競馬に)乗れるように調整していきたい」とキッパリ。20日の中山競馬での実戦復帰に向けて、臨戦態勢を整えていく。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す