【金鯱賞】サートゥルナーリア完勝!現役最強奪取へ手応え ルメール「完璧なレース」

2020年03月16日(月) 06:00

 悠々と抜け出したサートゥルナーリア(右)=撮影・木戸佑

 「金鯱賞・G2」(15日、中京)

 単勝1・3倍と圧倒的な1番人気に支持されたサートゥルナーリアが、最後の直線で楽々と抜け出して完勝。19年9月の神戸新聞杯以来の勝利で重賞4勝目を挙げ、大阪杯(4月5日・阪神)への優先出走権を獲得した。8番人気サトノソルタスが2着、逃げ粘った6番人気ダイワキャグニーが3着に入った。2番人気ロードマイウェイは見せ場なく10着に敗れ、19年6月から続いていた連勝は5でストップした。

 ファンの熱い支持を力に変えて、サートゥルナーリアがしっかりと勝利をつかんだ。道中はスムーズに折り合って5番手から。最後の直線に入ると、ルメールが軽く気合をつけただけでグングンと加速し、結局ノーステッキで上がり3F33秒2をマーク。2馬身差とはいえ、別格の強さを誇示してみせた。

 「休み明けのレースはとても大事なので、スムーズなレースをしたかった。完璧なレースができました」。3戦ぶりにタッグを組んだルメールは、ホッとした表情で笑顔を浮かべた。3歳時は皐月賞を制したものの、レース前のイレ込みや左回りで未勝利と、かみ合わない部分も多かった。現役最強を目指す今年、初戦にあえて左回りのレースを選択した。それだけに、勝ったことはもちろん、文句なしのレース内容で収穫は多かったと言えるだろう。

 「非常に落ち着いていたし、体質的にもしっかりしてきています。課題を克服してくれましたから、選択肢が広がりました」と角居師も満足げ。今後については放牧に出される予定。クイーンエリザベス2世C・G1(4月26日・香港シャティン)に登録済みだが、馬主であるキャロットファームの秋田博章代表は、「こういう情勢なので未定です」と話すにとどめた。香港か、それとも大阪杯か。どの舞台でも堂々の主役として光り輝くはずだ。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す