netkeiba.com

【地方競馬】アクアリーブルが桜花賞制覇 混戦を制して重賞初V

2020年03月25日(水) 19:00

激戦の桜花賞を制したアクアリーブル(手前)=撮影・持木克友

 「桜花賞・S1」(25日、浦和)

 開催3日目の11Rで行われ、3番人気のアクアリーブルが先行集団の後方から追い上げ、直線の叩き合いを制した。2着は先行した4番人気のテーオーブルベリー、3着には6番人気のルイドフィーネが粘った。断然の1番人気に支持されたレイチェルウーズは、中団から伸びを欠いて5着に終わった。

 なお、1〜3着馬は「第34回東京プリンセス賞・S1」(4月28日・大井)、1着馬は「第56回関東オークス・Jpn2」(6月10日・川崎)の優先出走権を獲得した。

 アクアリーブルは満開の桜を思わせるピンクのメンコで、ゲートを勢いよく飛び出すと好位で競馬。「少し掛かり気味だったので3番手に下げた」と山本聡は落ち着いてエスコート。逃げるボンボンショコラテーオーブルベリーを見ながら流れに乗った。

 最終3角からじわじわと進出。「ゆっくり仕掛けて、直線へ向いたときは交わせる手応えだった」。1番人気のレイチェルウーズは伸びる気配もなく、ゴール前でブルベリーを退け、牝馬クラシックの1冠目をつかんだ。

 母のアスカリーブルは牝馬2冠。この桜花賞だけ出走がかなわなかった。そして、管理する佐藤賢師は2006年の牝馬三冠を達成したチャームアスリープの子、ブラヴールで18日の京浜盃を制したばかり。「追い切りの時計、馬体も良かった。状態がいいので右回りの千八も心配ない」と、指揮官は東京プリンセス賞へ照準を合わせた。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す