【福島牝馬S】フェアリーポルカ重賞連勝 勢い本物!メンバー最速の末脚発揮

2020年04月26日(日) 06:20

 鋭く抜け出したフェアリーポルカ(左)=撮影・三好信也

 「福島牝馬S・G3」(25日、福島)

 この勢いは本物だ。3番人気フェアリーポルカが前走の中山牝馬Sに続いて、今度は福島で重賞連勝を決めた。

 道中は後方5、6番手の内のポジションで、じっくりと脚を温存。直線手前で前が壁になるシーンもあったが、ハーレムラインショウナンバビアナの間があくと、その狭い進路を鋭く抜け出す。最後は先頭に立ったランドネをラスト100メートルでかわし、外から迫ってきたリープフラウミルヒもきっちり抑えた。

 メンバー最速の上がり3F34秒5の末脚を発揮。「いつも通り自分のリズムを意識して出たら、あの位置に。外を回ると最後に甘くなるので、結果的に内々を通れたのは良かった」と和田は冷静に振り返った。

 これでヴィクトリアM(5月17日・東京)の優先出走権を獲得。出走に向けて、西村師は「中2週になるし、また東京への輸送がどうか。オーナーと相談して、馬の状態を見て決めたいと思います」と話すにとどめたが、充実の4歳牝馬が今後、さらなる大舞台で注目を集めるのは間違いなさそうだ。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す