netkeiba.com

【米・アーカンソーダービー】分割競走のG1、バファート厩舎の無敗馬が両レースを完勝

2020年05月03日(日) 14:34

 現地時間2日、アメリカのオークローンパーク競馬場でG1・アーカンソーダービー(ダ1800m)が、2レースに分割されて行われた。

 1レース目は、ハナを切った単勝1.4倍の1番人気シャーラタン(牡3、M.ガルシア騎手)のスピードが最後まで衰えず、2番手から進んだ3番人気ベイシン(牡3、R.サンタナJr.騎手)に6馬身差をつけて圧勝した。勝ちタイムは1分48秒49(良)。

 シャーラタン父Speightstown母Authenticityその父Quiet Americanという血統。米国のB.バファート厩舎の管理馬。重賞は初挑戦初勝利で、通算成績は3戦3勝。

 2レース目は、2番手から進んだ単勝1.9倍の1番人気ナダル(牡3、J.ロザリオ騎手)が3コーナー付近で先頭に並びかけ、好位から末脚を伸ばした2番人気キングギレルモ(牡3、S.カマチョ騎手)に3馬身差の完勝を収めた。勝ちタイムは1分48秒34(良)。

 ナダルは父Blame母Ascending Angelその父Pulpitという血統。こちらもB.バファート厩舎の管理馬。今年のサンヴィセンテS(米G2)、レベルS(米G2)に続く重賞連勝で、通算成績は4戦4勝。

 新型コロナウイルスの影響で各地の開催が中止となり、アーカンソーダービーは第1次登録で99頭がエントリー。第2次登録で20頭以上の登録があった場合に分割競走として行われることとなり、22頭の登録があったため分割が実施されたが、その後、各レース2頭ずつの出走取消が発生し、9頭立てで行われた。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す