【JRA】落馬負傷の津村明秀騎手は左前腕骨挫傷の疑い

2020年05月10日(日) 18:26

落馬負傷した津村明秀騎手(撮影日は昨年12月8日)

 10日の東京9R・緑風S(4歳上3勝)は、9番グレンガリー(津村明秀騎手)が、内側に斜行した13番ブラックプラチナム(横山武史騎手)に触れてつまずき、騎手が落馬したため、スタート後まもなく競走を中止した。

 津村明秀騎手は左前腕骨挫傷の疑い。グレンガリーは異状なしと診断された。

 また、横山武史騎手は5月23日(土)から5月31日(日)まで、9日間の騎乗停止となった。

(JRAのホームページより)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す