netkeiba.com

英BHA、国外調教馬の出走を一部に限定の方針

2020年05月18日(月) 11:00

 6月1日(月曜日)のニューカッスル競馬場における開催を皮切りに、競馬の施行を再開することを目指している英国だが、当面はほぼ英国調教馬のみによる番組編成となる。

 ただし例外もあって、統括団体のBHAは、エプソムからニューマーケットに移設した上で6月5日(金曜日)に行われる古馬のG1コロネーションC(芝12F6y)、6日(土曜日)にニューマーケットで行われる牡馬3冠初戦のG1二千ギニー(芝8F)、7日(日曜日)に同じくニューマーケットで行われる牝馬3冠初戦のG1千ギニー(芝8F)のG1・3競走に限って、国外からの参戦を認める方針を打ち出している。これにより、二千ギニーを過去10年で5勝、千ギニーを過去10年で4勝している愛国のエイダン・オブライエン調教師の管理馬が参戦可能になる他、仏国のアンドレ・ファーブル調教師が早速、G1クリテリウムインターナショナル(芝1400m)勝ち馬アルソン(牡3、父アレイオン)を、英国の二千ギニーにぶつける可能性を示唆している。

 BHAはさらに、G2、G3、リステッドレースに関しては、6月15日から国外調教馬を受け入れる方針で、これにより、6月16日に開幕するロイヤルアスコットに組まれている22の重賞・準重賞は、例年通りの多彩な顔ぶれで争われることになりそうだ。

(文:合田直弘)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す